Ophthalmology Work

コンタクトの購入は眼科で処方箋は必要ない

 コンタクトレンズを購入する際に処方箋は必要ありませんが、眼科できちんと診察と検査をする事が必要となります。
処方箋が必要となるのは医師が処方してもらった医薬品を購入する際です。
しかし、コンタクトレンズは医薬品ではないため処方箋が無くても購入できるのです。
眼科でコンタクトレンズを処方してもらうには、診察検査を行い販売所に充てた文書である装着指示書を発行してもらいます。
コンタクトレンズを購入する際にはこの装着指示書を提出は義務付けられてはいませんが、推奨している販売店は多くあります。
これはコンタクトレンズは目に入れるものであり、取り扱いや使用期間などを正しく使わなければ、眼のトラブルを招く可能性があります。
コンタクトレンズは正しく使用していても眼の障害が現われる事もある為、定期的に眼科へ受診することが大切です。
自覚症状が無い場合でも問題がある時もあるので、眼の健康を守るためにも3ヶ月に1度は眼科へ受診しましょう。

眼科の処方箋が役立つケースについて

普段はあまり意識しませんが、私達の目は生活する上でとても重要な役目を果たしています。
一生生活に困らない視力を保つためには、目の健康を考えて酷使し過ぎないように気をつける必要があります。
その点で眼科は普通に見えているときには馴染みの薄い科目ですが、正しく利用することで目の健康に役立ちます。
例えば、一般に疲れ目と言われる症状の場合、手軽に購入できる市販薬で済ませてしまうことがあります。
軽い疲労なら良いのですが、目に何らかの異常があり疲れ目の症状が出ている場合もあります。
ですので症状が長引く場合には早めに眼科で診察を受け、処方箋で適切な薬をもらったほうが安心です。
またコンタクトレンズを購入する場合にも、医師の処方箋に基づいて販売するお店が大多数です。
最近では格安のコンタクトレンズや個人輸入などの購入方法もあり、必ずしも処方箋を必要としないこともあります。
ですが目の健康を考えると、視力や適性などの検査や医師の診断を受けることは不可欠と言えます。

Valuable information



Last update:2020/3/5

Copy Right (C) 2015 Ophthalmology Work. All Right Reserved